最近の円光事情【 円光 】

【 円光 】とは?

【 円光 】

円光

最近、以前に増して円光が気軽に行われるようになりました。

円光とは、男性が女性にお金を払ってセックスをさせてもらうことを言います。

大人だけでなく、未成年でも円光をすると人が増えています。

スマホの普及によって、前より簡単に円光ができる時代となりましたが、それに伴い様々なトラブルも起こっています。

美人局

美人局、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

男女が手を組み、1人の男性を騙すことをいいます。

具体的になにをするかというと、女性と相手の男性がセックスし終わったところに騙す側の男性が登場して、「俺の女になにしてる!」と恐喝しお金をだまし取ります。

こう言った場合、あまり強く出られず黙ってお金を払ってしまう人が多いです。

【美人局の特徴】

美人局

まず、会う前にメッセージのやり取りをしてる時点で会話が噛み合わないことが多いです。

互いに会うという目的は同じなのですが、どうもこっちが言っている内容とあっちが言っている内容が噛み合わず会話が成立しない、なんていうことがとても多いです。

そして、「別にお金はいらない」と言ってくるケースも多々。

お金はいらないからセックスしようと持ちかけ、一瞬相手に好感を持たせます。

しかしそれは「あとでその何倍ものお金を取るよ」と言っているようなものなので、そう言われたら逆に警戒するようにしましょう。

そして実際にあった時、会話をしている最中なのにやたらと携帯を気にしたり、途中で何回も席を外したりしたら美人局だと断定して良いでしょう。

それは、相手の男性と連絡を取り合っている証拠です。

未成年の円光

未成年の円光

近年では、未成年でもスマートフォンを所持する人が増えてきました。

そして、簡単に利用できるアプリケーションが若者たちの間で流通しています。

特にSNSや出会い系アプリは人気です。

基本的に出会い系アプリは未成年の利用を許可していません。

しかし、登録時に簡単な認証を行うだけで未成年でも楽々と出会い系アプリを利用できてしまうのです。

その結果、たくさんの未成年ユーザーが増え、円光をする若者が多くなっています。

ですが、日本では法律により未成年の円光な禁止されています。

そこにお金が発生しなくても同じです。

未成年と大人が性行為をした時点で、相手側の大人には処罰が下されるようになっています。

しかし最近の若者は、それが罪だという意識がない、もしくは意識はあっても別にこれぐらい大丈夫だろう、という認識をする人がほとんどです。

確かに、他者に他言しなければ関係が周りにばれることはほとんどありません。

しかしふとしたきっかけで、それが相手の保護者、もしくは警察に知られてしまうこともあります。

なので、円光において未成年を買うことはあまりオススメできません。

【未成年の円光に対する考え】

円光は、普通にアルバイトをするより楽に、簡単にたくさんお金が手に入ります。

しかもそれが未成年であると、普通より価値が高くより多くのお金が払われます。

それゆえに、未成年の円光は絶えません。

しかし、いくらお金のためとはいえ誰彼構わず体を売ることに抵抗がないのか?と疑問に思う人もいると思います。

本来、セックスは恋人同士、夫婦間で行うものとされていましたが、最近の若者には貞操観念がない人が多く、誰とセックスしようと構わないという人が多いです。

昔のような「純潔を守ろう!」という風潮は、現代ではあまり見受けられません。

円光でお金のトラブル

人間関係にお金がからんでくると、必ずといって良いほどトラブルが起こります。

特に円光の場合だと、数百は数千ではなく数万単位のお金が絡んでくるので、トラブルが起こりやすいです。

例えば、事前に話をしていたときは五万払うと言っていたのに、実際にセックスをしたら二万円しかくれなかった、など。

一件や二件だけでなく、何件も似たようなトラブルが過去に起こっているので要注意です。

【サイバー補導】

近年、未成年のインターネットを通した円光等が増えてきたため、サイバー補導がよく行われています。

サイバー補導は、未成年が犯罪に遭遇しないように警視庁が導入した補導法のひとつです。

例えばインターネット上で身分を隠して相手とやり取りをし、実際に会ってから注意や補導をするといった手口を使います。

最近は未成年が犯罪に巻き込まれることが多いので、サイバー補導をもっと積極的に導入すべきだと思います。

相手を妊娠させてしまった場合

未成年

特に相手が未成年だった場合、かなり大変なことになってしまいます。

まず、必然的に相手の保護者に知られることとなり、警察からもそれなりの処罰が課せられます。

そして大体お腹の中の子供をおろす結末となるので、まだ発達途中の女の子の体に傷をつけてしまうことになります。

体だけでなく、心にも負担を負わせることとなるでしょう。

未成年だけでなく、相手が大人だった場合でも同じです。

妊娠させないようきっちり避妊をすることが大事です。

インターネットやSNSを通して円光をしようとすると、それ相応のリスクが伴います。

金銭的にも厳しく、下手をすれば自分の社会的な地位まで失うことになりかねません。

自分の背負っているリスクをきちんと理解することが大事です。

自分で責任を負えない未成年は、円光をするにはまだはやいかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加